企画の「目的」って、何ですか?

「目的」という言葉、広告業界でなくともよく出てくる言葉ですよね。
私達の広告業界では、特に新人営業マンが耳にする言葉かもしれません。



「ちゃんと担当者の目的を聞いてこいっ!」
「この企画の目的は何だ?これでは採用されないぞ!」



でも、この「目的」って…簡単なようで意外と厄介。
意味がボンヤリしていますから、人によって考え方が様々です。

例えば…「ホームページ作成」の依頼があったとします。
お客さんの「目的」(要望)を聞いてみると…



・ホームページを立ち上げたい
・問い合わせを増やしたい
・もっと自社の宣伝をしたい
・新規顧客を増やしたい
・売上をアップしたい



色々あってアレもコレも…一見、結局何がしたいのか困惑しますね。
でも、図で整理するとスッキリ。



いかがでしょう?それぞれの関係が見えてきましたよね。
辿っていくと「目的」が実は「手段」であったり、
さらにその奥には「大きな目的」があったり。
つまり…

「目的」は常に連鎖しています。
これを整理しておかないと、企画がボヤけます。



実際には上記以外にもポイント(目的)が派生していくので、
増やせば増やすほど企画のアイデア数や質が向上していきます。
ともすれば「ホームページよりも良い方法」が見つかるかも知れません。

でも、実はこの「目的」…向こう岸にも存在しています。
この「向こう岸の目的」、これを外すと企画がボヤけるどころか
何の役にも立たないプロモーションになっていまいます。

この話は、また別の機会に!

Produce
search this site!
tags
archives
Calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
RSS
admin