「当たる」キャッチコピーの作り方。

殆どの新聞広告や折込チラシには「キャッチコピー」があります。
とても重要な役割を担っているのは確かですが…その「役割」とは何でしょう?

この「役割」を意識してキャッチコピーを作れば、成果がグッとあがります。
実際、デザインはそのままでもキャッチコピーを変えただけで、
レスポンスが格段にアップした…ということもよくある話です。

今回は、新聞広告や折込チラシにおける
「キャッチコピーの役割」を整理してみましょう。



(a)商品やサービスのメリットを端的に伝える役割。
(b)読み手(ターゲット)を惹きつける役割。
(c)次の文(ボディコピー等)を読ませる役割。



キャッチコピーに関するビジネス書やサイトを見ると、
上記のような役割が多く挙げられています。
勿論、間違いではないのですが…肝心な点が抜けています。
そのおかげで、実際に「キャッチコピーを作る」となると、
こんな風に悩んでしまいます。



(a)「この商品、メリットが多すぎて一言で言い切れないよ。」
(b)「惹きつけるって言っても、何を言えば惹きつけられるんだ?」
(c)「…次が読みたくなるって、惹きつけるのとどう違うの…?」



…こうなりますよね。何故でしょう?
答えは…「読み手を無視」しているからです。
読み手にコレを伝えたい、見て欲しい、次を読んで欲しい…
全部「自分の主張」なんですよね。

では、どうするか。

まず「あなた自身がいつもしていること」を思い返してみましょう。
例えば、新聞広告の場合。



・基本的に、広告はスルー。
・仕事上、役立つ広告なら読む。
・自分の趣味に関係する商品なら読む。
・自分の家族(特にこども)に関係するサービスなら読む。



…共通している点がありますよね。
そうです、広告を読むか否かの判断基準…つまり
「自分に関係しているかどうか?」です。

「●●の広告を読みたい!」という目的で新聞を見ていない限り、
普通は気になる記事の見出しを追っていますよね。
でも、広告は多少なりとも視界に入ってきます。
その瞬間に読むかどうか判断…まさにコンマ何秒の世界!
そんな一瞬の間に、出来ることと言えば…

「この広告(情報)は、あなたに関係することですよ!」



この一点に絞るしかないですよね。キャッチコピーはこれで充分です。
極端に言えば、子どもがいる親がターゲットなら
「お父さん、お母さんへ。」
で、まずはOKです。

問題は、その次。
振り向いたお客さん(読み手)を、如何に離さないか。
その為に大切なのは「八百屋と奥様の法則」です。
この話は、また別の機会に…。



もうひとつ、大切な話を忘れていました。
キャッチコピーにも限界(文字数や言葉)がありますので、
実際に広告物を作る時は絵や写真(デザイン)との
バランス調整や役割分担が重要になります。
ここは、コピーライター兼デザイナー「まっぴー」の腕の見せ所です(笑)


Produce
search this site!
tags
archives
Calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
RSS
admin